スイカの種子 小玉品種

ひとりじめ7-EX

ひとりじめ7

特性

  • ■草勢は中位で、雌花着生や花粉の出が良く、着果性に優れる。
  • ■果実は果皮色濃く、2.0~2.5kgの玉張りの良いやや腰高の円球形。
  • ■「ひとりじめ7」同様のやや太めの濃い縞柄。
  • ■果肉は鮮紅色で小玉離れした大玉に近いシャリ感。
  • ■糖度は13~14度で高く安定する。
  • ■果皮は薄いが、弾力性のある硬さで、裂果や裂皮が少なく空洞果の発生が少ない。
  • ■ツル持ちが良く、着果が安定し、2~3番果についても収量性が高い。

栽培上の留意点

  • ■ハウスからトンネルまでの幅広い作型に対応でき、株間55~60cm
    3本仕立て2果収穫とし3番花を中心に、もしくは株間65~75cm
    4本仕立て3果収穫とし3~4番花を中心に一斉着果させる。
  • ■草勢は「ひとりじめ」よりややおとなしいが、窒素過多(成分で5kg以上)はできる限り避ける。土壌分析を必ず行い、前作の窒素残肥がある場合は無肥料でも充分である。
収穫日数の目安
■3~4月収穫:交配後 48~40日 ■5~6月収穫:交配後 40~32日
■7~8月収穫:交配後 32~30日

ひとりじめ7

ひとりじめ7

特性

  • ■草勢は中~やや強で、雌花の着生や花粉の出がすこぶる良く、着果性に優れる。
  • ■果実は果皮色濃く、2.0~2.5kgの玉張りの良いやや腰高の円球形。
  • ■果肉はややちみつでしまりがあり、より大玉に近いシャリ感を持つ。
  • ■糖度は13~14度以上で特に高く、素晴らしく風味のある食味が特徴である。
  • ■果皮は薄いが、比較的硬めで栽培中の生理裂果や裂皮なく、輸送にもよく耐える。
  • ■ツル持ちが良いので、2~3番果についても収量性が高い。

栽培上の留意点

  • ■ハウスからトンネルまでの幅広い作型に対応でき、株間55~60cm
    3本仕立て2果収穫とし3番花を中心に、もしくは株間65~75cm
    4本仕立て3果収穫とし3~4番花を中心に一斉着果させる。
  • ■草勢は「ひとりじめ」よりややおとなしいが、窒素過多(成分で5kg以上)はできる限り避ける。土壌分析を必ず行い、前作の窒素残肥がある場合は無肥料でも充分である。
収穫日数の目安
■3~4月収穫:交配後 47~39日 ■5~6月収穫:交配後 39~31日
■7月収穫:交配後 31~30日

ひとりじめHM

ひとりじめHM

特性

  • ■草勢はやや強いが、雌花の着生や花粉の出が良く、着果性に優れる。
  • ■果実は果皮色濃く、2.0~2.5kgの玉張りの良いやや腰高の円球形で揃い良い。
  • ■果肉は高温期でも変色の少ない桃紅色。肉質は硬くちみつでしまりがあり、大玉に近いシャリ感を持つ。
  • ■糖度は13~14度以上で特に高く、素晴らしく風味のある食味が特長である。
  • ■空洞果の発生が少なく、高温期でも日持ちが良い。
  • ■ツル持ちが良いので、2~3番果についても収量性が高い。

栽培上の留意点

  • ■ハウスからトンネルまでの幅広い作型に対応でき、株間55~60cm
    3本仕立て2果収穫とし3番花を中心に、もしくは株間65~75cm
    4本仕立て3果収穫とし3~4番花を中心に一斉着果させる。
  • ■草勢がやや強いため、窒素過多(成分で5kg以上)は出来る限り避ける。土壌分析を必ず行い、前作の窒素残肥がある場合は無肥料でも充分である。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後 40~34日 ■7~8月収穫:交配後 34~30日

ひとりじめ

ひとりじめ

特性

  • ■草勢はやや強めであるが、雌花の着生や低温下でも花粉の出が良いため、着果性に優れる。
  • ■特に食味に優れ、大玉に近いシャリ感を持つ。高糖度で肉質はしまり、果肉は鮮紅色である。
  • ■果皮は2mm前後で薄いが、硬めで栽培中の生理裂果が少なく、輸送にも耐える。
  • ■2番果以後のツル持ち、着果が良く収量性がある。

栽培上の留意点

  • ■ハウスおよびトンネル栽培に適し、株間60cm
    3本仕立て2果収穫、もしくは株間75~85cm
    4~5本仕立て3~4果収穫とし、17~20節の3番花同時着果を目標とする。
  • ■草勢は従来の小玉品種と同等に強く、「サマーキッズ」や「うり坊」と比較すると旺盛であるので、これらの品種より肥料を控えめにするなど強勢になりすぎないように注意する。
収穫日数の目安
■3~4月収穫:交配後47~39日 ■5~6月収穫:交配後39~31日  ■7月収穫:交配後31~30日

スウィートキッズ

スウィートキッズ

特性

  • ■草勢はやや強めであるが、雌花の着生や低温下でも花粉の出が良いため、着果性に優れる。
  • ■特に食味に優れ、大玉に近いシャリ感を持つ。高糖度で肉質はしまり、果肉は鮮紅色である。
  • ■果皮は2mm前後で薄いが、硬めで栽培中の生理裂果が少なく、輸送にも耐える。
  • ■2番果以後のツル持ち、着果が良く収量性がある。

栽培上の留意点

  • ■ハウスおよびトンネル栽培に適し、株間60cm
    3本仕立て2果収穫、もしくは株間75~85cm
    4~5本仕立て3~4果収穫とし、17~20節の3番花同時着果を目標とする。
  • ■草勢は従来の小玉品種と同等に強く、「サマーキッズ」や「うり坊」と比較すると旺盛であるので、これらの品種より肥料を控えめにするなど強勢になりすぎないように注意する。
収穫日数の目安
■3~4月収穫:交配後47~39日 ■5~6月収穫:交配後39~31日  ■7月収穫:交配後31~30日

サマーキッズ

サマーキッズ

特性

  • ■草勢がおとなしいため、雌花の着生や低温下での花粉の出がよく、着果性に優れる。
  • ■果実は1.8~2.5kgの円球形。玉揃いよく、果皮は中濃緑色で、鮮明な細縞を呈す。
  • ■草勢が強くならず、果皮も硬いため、栽培中の生理裂果が少ない。
  • ■果肉は鮮紅色で、肉質はしまり、シャリ感が強く、店持ちがよい。食味も高糖度で優れている。
収穫日数の目安
■3~4月収穫:交配後46~38日 ■5~6月収穫:交配後38~30日

ひとりじめBonBon

ひとりじめBonBon

特性

  • ■草勢は中~やや強く、良質な雌花で着果が良い。
  • ■果実は肩張りの良い円球型。
  • ■果皮は暗緑色で縞柄が入り、見栄えのする外観を呈する。
  • ■果皮高度は特に高く、裂果や裂皮の発生は皆無である。
  • ■果肉は明るい鮮紅色、やや硬めの肉質でしまりが良く、高温期の栽培や流通に最適。
  • ■後半までのツル持ちが良く、ウルミ果の発生が極めて少ない。

栽培上の留意点

  • ■他の品種に比べ種子が小さいため、播種から接ぎ木までの日数が2~3日多くかかる。
  • ■整枝栽培を基本とし、45~50cmの3本仕立て2果収穫、もしくは55~60cm4本仕立て3果収穫とし、3~4番花を中心に着果させる。
  • ※若干玉肥大が良いので、作型により株間・ツル数・着果個数を調整する。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後 42~34日 ■7~9月収穫:交配後 34~30日

イエローBonBon

イエローBonBon

特性

  • ■草勢はやや強いが、節間は短く徒長しにくい。
  • ■雌花の着生数が多く、着果は安定している。
  • ■果実は2.5kg前後のやや腰高で、玉揃いが良い。
  • ■果皮は「ひとりじめBonBon」よりもやや濃い暗緑色で縞柄が入り、比較的硬く弾力性があるので、裂果や裂皮の発生が少ない。
  • ■果肉は鮮明な濃黄色で、締まりがあり、シャリ感に富んでいる。また、甘味が□に強く残り、従来の黄肉品種とは一味違ったコクのある風味が味わえる。
  • ※ ただし、部分的にごく僅かな紅色が発色することがあるが、この紅色が若干発色するくらいの方が食味は良い。(おいしさのサイン)

栽培上の留意点

  • ■施肥量は大玉品種の約5~6割程度を基本とする。
  • ■果皮の発色を濃くするためには、玉直しを頻繁に行う(1回目は交配後20日目までに行う)とともに、収穫期の草勢低下に注意する。
  • ■若穫りを行うと黄肉独特の青臭みが残る場合があるので、必ず試し切りを行い、食味を確認した上で収穫する。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後 42~34日 ■7~9月収穫:交配後 34~30日

黄太郎

黄太郎

特性

  • ■草勢は中位で、花粉の出が良く、着果が安定し栽培しやすい。
  • ■果実は2.0~2.5kgで収量性に優れる。
  • ■果形はやや腰高の円球形で、果皮は中緑色で、鮮やかな条班が入り、秀品率が高い。
  • ■栽培中の裂果・裂皮なく、輸送性に優れる。
  • ■果肉は鮮やかな濃黄色で、従来の黄肉系には無い、赤肉系同等のシャリ感が有り、食味が極めて良く、糖度も高く安定する。
収穫日数の目安
■4~5月収穫:交配後40~36日 ■6~7月収穫:交配後36~32日

イエローキッズ

イエローキッズ

特性

  • ■草勢は中位で、充実した雌花が咲き着果性に優れ、ハウス・トンネル栽培に適する。
  • ■果皮は比較的濃く、縞柄はやや太目であり、玉張りよく形状に優れる。
  • ■果肉は鮮黄色で色目がよく、適度のしまりとシャリ感があり、糖度も12~13度と出やすく、食味がよい。
  • ■果実の大きさは2.0~2.5kgになる。
収穫日数の目安
■4~5月収穫:交配後38~34日 ■6~7月収穫:交配後34~30日

ひとりじめSmart

ひとりじめSmart

特性

  • ■草勢は「ひとりじめロング」に比べ、ややおとなしく、雌花着生や花粉の出が良く、着果が良い。
  • ■果実は2.2~2.5kgで肩張りの良い楕円形で形状良く、果皮色が濃く鮮明な縞柄が現れる。
  • ■肉質はやや硬めで、大玉並みの強いシャリ感を持ち、食味が極めて良い。
  • ■糖度は12~13度以上と高く安定する。
  • ■果肉は鮮やかな桃紅色。種子部の崩れ無く、空洞果の発生も極めて少ない。
  • ■果皮は薄いが弾力性に優れ、栽培中・輸送中の裂果・裂皮も非常に少ない。
  • ■ツル持ちがよいので、2~3番果についても品質良く、収量性が高い。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後40~34日 ■7~8月収穫:交配後34~30日

ひとりじめロング

ひとりじめロング

特性

  • ■草勢はやや強いが、雌花の着生や花粉の出がよく、着果が良い。
  • ■果実は2.2~2.7kgの肩張りの良い楕円形で、果皮色が濃く鮮明な縞柄が現われる。
  • ■肉質はやや硬めで、大玉並みの強いシャリ感をもち、食味が極めて良い。
  • ■糖度が12~13度以上になり、比較的高く安定する。
  • ■果肉は鮮やかな桃紅色。種子部の崩れが無く、空洞果の発生も極めて少ない。
  • ■高温期でも日持ち性が良く、変質が少ない。
  • ■果皮は薄いが弾力性に優れ、果頂部からの割れ(果梗部も強い)や裂皮(ヒビ割れ)が極めて少なく、栽培中・輸送中の裂果も非常に少ない。
  • ■ツル持ちが良いので、2~3番果についても品質が良く、収量性が高い。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後42~36日 ■7~8月収穫:交配後36~32日

うり坊

うり坊

特性

  • ■ツルの伸びが良く細め、葉は中緑中葉。着果が良く栽培しやすい。
  • ■果実は果長20~25cm、果径12~13cm、2~3kgの楕円形。
  • ■果皮は濃緑色、やや太めの鮮明な縞柄となる。
  • ■果肉は鮮桃紅色、シャリ感があり、糖度は13度以上に上がり、食味は最高級。
  • ■果皮は薄いが、弾力性があり、裂果も少ない。
  • ■熟期は早生、早作りに適合。
収穫日数の目安
■5~6月収穫:交配後40~34日 ■7~8月収穫:交配後34~30日

ページトップへ