育種研究

育種研究

たゆみない調査と研究 ハイテク技術を駆使しての新品種の追及

スイカの種
より優れた品種の育成と栽培技術の向上、純良種子の生産と供給が、農場経営の柱です。そのために、常に(独法)野菜茶業研究所、関係大学、農業試験場などの指導・助言を仰ぎながら、農場の技術研究スタッフが最新のハイテク技術を取り入れ、優秀品種の育成、種子生産のためにたゆまない研究を続けています。

スイカ・メロン果実品質特性検定

当農場育成の既成品種、新しい組み合わせ品種、一般市販品種など約150品種。新しい親系統、選抜淘汰用約350系統(1系統20~160株)を、ハウス、トンネル、露地に繰り返して栽培を行い、その全果実の特性を調査し、選抜淘汰を続けています。新品種は広範な原種の蒐集、長い年月、幅広い選抜、試験、技術の総合によって生まれます。

ハウス内における新品種の圃特性検定試験・新固定親系統の選抜淘汰試験

スイカハウス畑
広い地域の産地条件に適合する品種特性と、栽培の基本を追及するために、諸種の条件設定のもとで、 試験、研究に取り込んでいます。

露地栽培における品種比較試験・新しい親系統育種の圃場

スイカ畑
小型トンネルや露地栽培を主とする産地条件での着果性や果形、品質、耐病性などを検定するための露地型試験圃場です。

バイオテクノロジー研究室

新しい優良系統の早期作出を目的とし、葯、胚珠培養法の技術開発をはじめ、DNA分子マーカーを利用した耐病性。耐低温性、多収性、省力化などを目指した品種育成のための基礎研究に取り組んでいます。
また種子生産における品質管理工程としてPCR技術によるDNAレベルでのF1種子純度検定及び、ウィルス、土壌病害(フザリウムなど)発生防止の対策、検定などもあわせて行っています。

ページトップへ